院長ブログ

花粉症

2018年02月28日

今回は花粉によるアレルギー性鼻炎、花粉症の治療について
今年は早い方で2月中旬からなんとなく鼻やのどが不快に感じ始めていると思います。今や国民の4~5人に1人と言われる花粉症が始まる時期になりました。
アレルギー性鼻炎は空中の花粉が鼻の中に吸入されることで鼻の粘膜にアレルギー反応が起こり、そのため鼻の粘膜がはれ、花粉を洗い出すために、くしゃみ、多量の鼻水が出る一種の防御反応です。ただ花粉症の方はこの反応が過剰に起こるためいろいろな不快な症状がでてきます。
やっかいなことにアレルギー反応は一旦始まると抗アレルギー薬で止めることは難しく、強い抗炎症作用薬のステロイドホルモンでなんとか抑えられますがえてして重症化してしまいます。
重症化を防ぐため、花粉の飛散する前の2月中旬頃から予防的に抗アレルギー薬を服用するとアレルギー反応が起こり難くなるといわれ、予防的服薬治療がすすめられます。しかし花粉の飛散量、体調、ストレス、睡眠不足などの影響で予防治療をしていても症状が悪化することもしばしばです。
薬は服薬中は良いが服薬をやめると症状はすぐに悪化する対症治療のため薬は花粉がなくなるまで飲み続ける必要があります。
最近この対症治療の欠点を補い、根治を目指す治療が始められています。注射の必要がない舌下免疫治療が認可され、当院でもこの治療を希望される方がまだ少ないですが少しづつ増えてきています。この治療は新しい治療のため長期の成績はまだはっきりと出ていませんが短期間の成績はかなりいい結果が出ています。
重症になってからでは遅いので、症状の軽い内に治療をはじめることをおすすめします。

 


一覧に戻る

尼崎市園田 耳鼻咽喉科 回生耳鼻咽喉科医院

尼崎市園田 耳鼻咽喉科 回生耳鼻咽喉科医院

診療科目

耳鼻咽喉科

所在地

〒661-0953
兵庫県尼崎市東園田町5丁目
59−1ハイム髙木131 1F

TEL.06-6498-2890

  • 阪急電鉄神戸線「園田」駅下車
    北出口徒歩2分

マップを見る


このページの先頭へ